ランシリオ

Rancilioレバーグループ部品

エスプレッソマシンメーカーのRancilioは、1926年にRoberto Rancilioによって設立されました。 1926年から、戦終了まで、伝統的な方法で造る機械。 1950年からは、レバー醸造グループを水平ボイラで使用し始めました。
1950年にランシリオ・インビクタを発足し、1951年にラ・プレツィオーサを発足。 1953年、Rancilio Mignonが設計されました。 1955年、Rancilio Alpinaはデザイン哲学をもった。 長年に渡って様々なデザインが変化しましたが、原則は変わりません。
Rancilioは現在、市販のレバーエスプレッソマシンを供給しています。

Rancilio Spare Parts

65 個の商品が存在しています。

1-12 を表示中 合計 65 商品

安全弁3/8" 2.0棒セリウムPED IVは証明しました

このページでは、認定ボイラー安全弁、CE-PEDがあります。 このボイラー安全弁はまわりで最も一般的なタイプの1つです。このバルブは2,0バーでプリセットされ、変更できません。 バルブの内側にFKMガスケットがあり、スプリングはステンレス鋼製です。 開いた場合蒸気の排出率は969 L/minです。 イタリア製バルブです。この弁は普遍的な弁であり、Fema Lambro、Fema E61 Faemaの社長のようないろいろなビンテージのespresso機械に、取付けることができます。
€10.64